« Cascades, The (カスケイズ) | トップページ | Instant Funk (インスタント・ファンク) »

2009年3月23日 (月)

Gold, Andrew (アンドリュー・ゴールド)

 70年代後半に2つのヒット曲をとばしたAndrew Gold。51年生まれ。お父さんは「栄光への脱出」(Exodus)でアカデミー賞を獲ったErnest Gold、お母さんは「ウエストサイド物語」でナタリー・ウッド、「マイ・フェア・レディ」でオードリー・ヘプバーンを吹き替えたMarni Nixon。
 いかにも才人って感じがする。これ必ずしも褒め言葉ではなく、よくできているんだが、何故かあまり思い入れが持てない。但し、私の大好きだったLinda Ronstadtの出世作「Heart Like A Wheel」や「Prisoner In Disguise」にアレンジャーや奏者として深く関わっている点には敬意を表します。後に10ccのGraham GouldmanとWax UKというデュオもやってたりする。永ちゃんのプロデュースもしてる。

00764 Lonely Boy (ロンリー・ボーイ) 77年7位
 自伝的な歌。結構ドラマチックな展開。ポール・マッカートニーが好きだったんだろうなという感じがする。嫌いではないけど。

00765 Thank You For Being A friend(気の合うふたり) 78年25位
 よくできてるとは思うけど、764に比べると地味かな。やっぱりビートルズを思い出す。70年代後半は個人的に音楽の停滞期だったと思ってるんだが、その話は改めて。

« Cascades, The (カスケイズ) | トップページ | Instant Funk (インスタント・ファンク) »

音楽 70年代 G」カテゴリの記事

コメント

■Lonely Boy
■Thank You For Being A friend
両方とも嫌いな曲じゃなかったが、今ひとつ熱中しなかった感じ。
>何故かあまり思い入れが持てない
そう、まさにそうなんだけど、映像を初めて見て、その理由らしきものがわかったかも。
なんか、見た目すごくMichael McDonaldに似てるんだけど、Michaelと比べると歌に決定的に深みが欠けてるという気がする。

訃報 ANDREW GOLD 59歳 就寝中に心臓発作
ロサンゼルス・タイムズ紙によると、癌の治療を受けており、2011年6月3日に自宅で睡眠中に息を引き取った。

Lonely Boyは、FENのチャーリーツナで良く聴いた。
モノラルのラジカセの時代なので、FMのエアチェックもしていなかった頃。

masa itohさん、こんにちは。
亡くなったのは全然知りませんでした。
まだ59歳だったんですね。
上にはちょっと否定的なことを書いてますけど、才人であったことは間違いないでしょう。R.I.P.

亡くなっていたなんてちっとも知りませんでした(><) Lonely BoyもThank You For Being A friendもお気に入りです Lonely Boyはあまり好きな言葉じゃありませんが今でも「ヘビロテ」してます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gold, Andrew (アンドリュー・ゴールド):

« Cascades, The (カスケイズ) | トップページ | Instant Funk (インスタント・ファンク) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック