« Dees, Rick, And His Cast Of Idiots (リック・ディーズ) | トップページ | Dore, Charlie (チャーリー・ドア) »

2009年1月 6日 (火)

Murphy, Walter, & The Big Apple Band (ウォルター・マーフィーとビッグ・アップル・バンド)

 昨日の「ディスコ・ダック」と同じディスコ企画物。「ディスコ・ダック」の前にNo.1だったのが、この「運命’76」、ベートーベーンの第5交響曲「運命」のディスコ・バージョンである。
 ウォルター・マーフィーは、52年ニューヨーク生まれ。CMソングやTV映画の主題歌の作曲家、アレンジャーとして活動していたが、この曲をレコード会社に持ち込み、ヒットさせた。他にも、やはりクラシックをディスコ・バージョンにした「ソウル・バンブル・ビー」(Flight ‘76)や「E.T.のテーマ」のメドレーがHot100入りした。ちなみに、The Big Apple Bandというバンドが他に存在したため、クレジットはWalter Murphy Band、更にWalter Murphyへと変更されている。

00556 A Fifth Of Beethoven (運命’76) 76年1位
 まあ、アイデアの勝利。クラシックをアレンジしてヒットさせた例としては、バッハの「A Lover’s Concert」(The Toys)や、やはりバッハの「Joy」(Apollo 100)があるので、初めてというわけではないが。ゴールドディスク。

« Dees, Rick, And His Cast Of Idiots (リック・ディーズ) | トップページ | Dore, Charlie (チャーリー・ドア) »

音楽 70年代 M」カテゴリの記事

コメント

ほんとアイデアの勝利ですよね 見事ディスコブームに乗っかって大ヒット 嫌いじゃなかったです...(^^;

ご存知かと思いますが、ビッグアップルはニューヨークのことです。彼はニューヨーク生まれで、マンハッタンで作曲の勉強をしたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519177/43563083

この記事へのトラックバック一覧です: Murphy, Walter, & The Big Apple Band (ウォルター・マーフィーとビッグ・アップル・バンド):

« Dees, Rick, And His Cast Of Idiots (リック・ディーズ) | トップページ | Dore, Charlie (チャーリー・ドア) »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック