« Friedman, Dean (ディーン・フリードマン) | トップページ | Napoleon XIV (ナポレオン14世) »

2009年1月13日 (火)

Matchbox Twenty (マッチボックス・トゥエンティー)

 この10年くらい好きでよく聴いたグループというと、Black Eyed Peasとちょっと前からだがレッチリ、そしてこのMatchbox Twenty。元々はロックと言えばブリティッシュ派だったのに、いつの間にかアメリカしか聴かなくなっている。ブリティッシュはOasis、Blurあたりまでだ。何故だろう。
 Matchbox Twentyはフロリダ州オーランド出身、Rob Thomas率いる5人組。うまく表現できないのだが、アメリカンロックの一番いい部分を引き継いだロック・バンドって感じがする。96年にアルバム「Yourself Or Someone Like You」でデビュー、アメリカで1000万枚以上売る大ヒットとなる。以降2枚のアルバムを出して活動休止状態だったが、2007年ベスト・アルバムを発表。
 99年にはRob Thomasが作曲(共作)、ボーカルを担当したSantanaの「Smooth」が12週No.1に輝き、グラミー賞3部門を受賞。

00590 Push (プッシュ) 97年5位(Airplay)
 590から593は、いずれも1stアルバム「Yourself Or Someone Like You」より。すべてシングルカットはされていない。このアルバムはホントよく聴いた。その中でもこの「Push」と「Real World」は名曲だと思う。モダンロック・チャートではNo.1。ちなみに、この時のクレジットは「Matchbox 20」。

00591 3 AM (3AM) 97年3位(Airplay)
 それほど有名でなかったMatchbox Twentyを何故買ったのか、よく覚えていないが、これは拾い物だと思った記憶はある。オルタナティヴ・ロックという言われ方をするけど、未だに定義がよくわからない。Joel Whitburnの本を見ていて気づいたのだが、「Push」がTop40にチャート・インしていた週数が46週、「3 AM」は54週! じわじわじわじわ人気が出ていったってことなんだろうね。

00592 Real World (リアル・ワールド) 98年9位(Airplay)
 曲は基本的にみなRob Thomasが作っているが、スゴい才能だと思う。奇をてらったところが全くなくて、ストレートなロックなのに、どれもいいもの。独断で言うと、最後のロック・バンドだったのかも(過去形じゃないか)。この曲はギターのリフが気に入ってる。

00593 Back 2 Good (バック・トゥ・グッド) 99年24位
 このアルバムはホント捨て曲なしなんだが、どちらかというと「Push」とか「Real World」みたいなパンチの効いた曲の方が好みではある。

00594 Bent (ベント) 00年1位
 2ndアルバム「Mad Season」より。最高傑作。イントロからいいし、サビへの盛り上がりもいいし、完璧。この曲だけはシングルカットされたみたいだ。ゴールドディスク。

00595 If You’re Gone (イフ・ユーアー・ゴーン) 00年5位
 同じく「Mad Season」から。Matchbox Twentyの良いところに程よい叙情性があると思うけど、この曲はその路線。アダルト・コンテンポラリー・チャートでNo.1。

00596 Disease (ディジーズ) 02年29位
 596から598は3rdアルバム「More Than You Think You Are」から。これはMick Jaggerと共作したナンバー。でも、Matchbox Twenty節に何の揺るぎもなし。

00597 Unwell (アンウェル) 03年5位
 いい曲書くなあ。どの曲にも温かさを感じる。いい人たちなんだろうなあ。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

00598 Bright Lights (ブライト・ライツ) 03年23位
 Rob Thomasのピアノの弾き語りから始まり、だんだん盛り上がっていく。古き良きアメリカンロックと新しい風が程よくマッチしている。

00599 How Far We’ve Come (ハウ・ファー・ウィヴ・カム) 07年11位
 3rdアルバム発表後に活動休止状態になり、Rob Thomasは05年にソロ・アルバムを出すが、07年にベスト・アルバム「Exile On Mainstream」(タイトルでお気づきでしょうが、Mick Jaggerとも共作してるし、彼等の音からたまにストーンズを感じることはある)を発表。17曲中6曲が新作。その内の1曲。彼らにしてはアップテンポなナンバー。やっぱいいわ。プロデュースはSteve Lillywhite! ニュー・アルバム待ってるよ。

« Friedman, Dean (ディーン・フリードマン) | トップページ | Napoleon XIV (ナポレオン14世) »

音楽 90年代 Matchbox Twenty」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ちょうどマッチボックス・トゥエンティを記事にしたので顔出しました。いいバンドですよね。また顔出しますね。

「すーさん」さん(で、いいのかしらん?)、はじめまして。マッチボックス・トゥエンティーの記事って、どこに書いたのですか? 是非教えて下さい。このブログは過去50年のヒット曲全てを解説するという無謀な試みです。また、コメントくださいね。

マッチボックス・トゥエンティーの記事はコチラでした。過去50年のヒットですか。すごいですね。私の「すーさん」にはさんが入ってますので、そのままで大丈夫です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Matchbox Twenty (マッチボックス・トゥエンティー):

« Friedman, Dean (ディーン・フリードマン) | トップページ | Napoleon XIV (ナポレオン14世) »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック