« James, Rick (リック・ジェームス) | トップページ | Martha & The Vandellas (マーサ&ザ・ヴァンデラス) »

2009年1月26日 (月)

Masekela, Hugh (ヒュー・マセケラ)

 39年南アフリカ生まれのジャズ・トランペット奏者・バンドリーダー。何度か書いているように、ジャズの知識は全くないので、私が知っているのは「Grazing In The Grass」のことのみ。60年代後半のソウル・ジャズのインストは大好きなんで(例えば、「Soulful Strut」!)、この曲も好み。5th Dimensionの「Up-Up And Away」(ビードでジャンプ)とかも演っている。多分フュージョンとかの走りみたいな人だと思う。同じ南アフリカ出身のMiriam Makebaと結婚していたことあり。

00629 Grazing In The Grass (グレイジング・イン・ザ・グラス〜草原の太陽) 68年1位
 カウベルのリズムから始まるトランペットとピアノのインスト。この曲の前に1位だったのが、Herb Alpertの「This Guy’s In Love With You」(これはインストじゃないけど)だし、お洒落でポップでソウルフルないい曲が沢山あった時代だなあ。ゴールドディスク、世界で400万枚以上売れた。翌年、Friends Of Distinctionがボーカルを入れたバージョンを3位のヒットにしている。

« James, Rick (リック・ジェームス) | トップページ | Martha & The Vandellas (マーサ&ザ・ヴァンデラス) »

音楽 60年代 M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Masekela, Hugh (ヒュー・マセケラ):

« James, Rick (リック・ジェームス) | トップページ | Martha & The Vandellas (マーサ&ザ・ヴァンデラス) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック