« Johnny Hates Jazz (ジョニー・ヘイツ・ジャズ) | トップページ | Boone, Daniel (ダニエル・ブーン) »

2008年12月24日 (水)

Wakelin, Johnny, & The Kinshasa Band (ジョニー・ウェイクリンとキンシャサ・バンド)

 グループ名を見ても誰もわからないだろうが、曲のタイトルと併せてみればよくわかる。そうです。74年10月30日の「キンシャサの奇跡」、アフリカ・ザイールのキンシャサでモハメッド・アリがジョージ・フォアマンを倒した伝説のヘビー級タイトルマッチを歌ったノベルティ・ディスコ・ソング。
 ジョニー・ウェイクリンは39年英国ブライトン出身のシンガーでソングライター。

00515 Black Superman – “Muhammad Ali” (モハメッド・アリ おれはスーパーマン) 75年21位
 アリがフォアマンを倒した試合は鮮明に覚えている。学校の先生が教員室で「アリが勝った!」って大騒ぎしてたな。全盛期を過ぎたと思われていたアリが、史上最強と言われた若きチャンピオンのフォアマンに挑戦、一方的に打たれてロープに釘付けにされていたと思ったら、それは相手を疲れさせる作戦で、8ラウンドに逆転KO勝ちというできすぎたシナリオ。我々の年代ってボクシング好きが多いんで(上の年代の方がもっと多いだろうが)、結構みんな知っていると思うけど。
 曲のことに何にも触れていないが、妙に英語がわかりやすいコミック・ソングて感じです。

« Johnny Hates Jazz (ジョニー・ヘイツ・ジャズ) | トップページ | Boone, Daniel (ダニエル・ブーン) »

音楽 70年代 W」カテゴリの記事

コメント

>妙に英語がわかりやすいコミック・ソングて感じです。

はい。
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」ってキャッチフレーズ(これ、いいデキだと思ってます)の原語を覚えました。

曲とはほとんど関係のないコメントだが、ジョージ・フォアマンはその後45歳でヘビー級チャンピオンに返り咲き、これは現在も最年長記録。最近イベンター・ホリフィールドが46歳で5度目のチャンピオンへのカムバックを狙ったが、果たせず。更に関係のないことを書けば、最近「あしたのジョー」の映画版(80年)を観ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Johnny Hates Jazz (ジョニー・ヘイツ・ジャズ) | トップページ | Boone, Daniel (ダニエル・ブーン) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック