« Jones, Norah (ノラ・ジョーンズ) | トップページ | Archer, Tasmin (タスミン・アーチャー) »

2008年12月10日 (水)

lang, k.d. (k.d.ラング)

 ノラ・ジョーンズを聴いていたら、k.d.ラングを思い出した。彼女の曲はあまりちゃんと聴いたことはないが、「Constant Craving」が気に入って買ったアルバム「Ingenue」(アンジャニュウ)だけはよく聴いた。元々はカントリー畑の人だが、「Ingenue」からはちょっと昔のジャズ・ボーカルみたいな印象を受ける。
 61年カナダ生まれ。顔がブライアン・フェリーに似てるような気がするが、そんなことはないか。男装の麗人って感じもする。「氷の接吻」(EYE OF THE BEHOLDER:99年)や「ブラック・ダリア」(The Black Dahlia:06年)といった映画にも出演。ガス・ヴァン・サント監督の「Even Cowgirls Get the Blues」(カウガール・ブルース:93年)のサントラを手がけたり、「007 Tomorrow Never Dies」(97年)の主題歌も歌っている。何故か名前の表記はすべて小文字である。

00477 Constant Craving (コンスタント・クレビング) 92年38位
 アコーディオンが印象的に使われている名曲。当時ホントによく聴きました。美しいメロディ、美しい声なんだけど、どこかしらぴりぴりしたものを感じるところが、ノラ・ジョーンズとの違いでしょうか。グラミー賞受賞。

« Jones, Norah (ノラ・ジョーンズ) | トップページ | Archer, Tasmin (タスミン・アーチャー) »

音楽 90年代 L」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: lang, k.d. (k.d.ラング):

« Jones, Norah (ノラ・ジョーンズ) | トップページ | Archer, Tasmin (タスミン・アーチャー) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック