« Davis, Spencer, Group (スペンサー・デイヴィス・グループ) | トップページ | Preston, Billy (ビリー・プレストン) »

2008年12月27日 (土)

Kravitz, Lenny (レニー・クラヴィッツ)

 最初出て来た時の印象はジミヘンプリンス。60-70年代趣味とマルチ・ミュージシャンぶりはプリンスと同じ。ロック、ソウル、ファンク、フォークの融合。当然私が嫌いな訳がない。日本でも結構人気がある。もっとスーパースターになるかと思ったら、そこまでブレイクしてない気がする。元々レトロなんで、新しい変化がないためか?
 64年ニューヨーク生まれ、ロスアンジェルスで育つ。ガンズンのスラッシュは高校の同級生だそうだ。90年にマドンナのNo.1ヒット「Justify My Love」の作者、プロデューサーとして注目された。

00519 It Ain’t Over ‘Til It’s Over (イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー) 91年2位
 初のTop40ヒット。カーティス・メイフィールド風ソウル・バラードとwikiに書いてあったけど、そういう感じ。未だにこの曲が1番好きかな?

00520 Fly Away (フライ・アウェイ) 99年12位
 何故かレニー・クラヴィッツは実力・人気に比してTop40ヒットが少ない。何と8年ぶりのTop40ヒット。Album「5」より。相変わらず60年代してる。グラミー賞受賞。英国ではNo.1ヒット。
 ところで、彼の代表曲「Are You Gonna Go My Way」(自由への疾走)はメインストリーム・ロックのチャートではNo.1になっているのに、Hot100チャートには登場していない。ギターのリフのかっこよさは断然この曲だろうに。

00521 Again (アゲイン) 00年4位
 「Greatest Hits」に入っていた新曲。この曲もグラミー賞を受賞している。もちろん悪くはないんだが、プリンスが変態的に進化してったのに比べると、保守的だよね。

00522 Dig In (ディグ・イン) 01年31位
 6枚目のアルバム「Lenny」より。やっぱり、この人はいつも変わらない。それがいいんだけど。またまたグラミー賞を受賞。日本映画「リターナー」(金城武主演、「Always 三丁目の夕日」の山崎貴監督)の主題歌として使用された。

00523 Lady (レイディ) 05年27位
 現在のところ最新のヒット。まごうことなきレニー・クラヴィッツ節。安定しているというか、進歩がないというか。今のままでは大ヒットにはならないなあ。

« Davis, Spencer, Group (スペンサー・デイヴィス・グループ) | トップページ | Preston, Billy (ビリー・プレストン) »

音楽 90年代 Kravitz, Lenny」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kravitz, Lenny (レニー・クラヴィッツ):

« Davis, Spencer, Group (スペンサー・デイヴィス・グループ) | トップページ | Preston, Billy (ビリー・プレストン) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック