« Jigsaw (ジグソー) | トップページ | Ian, Janis (ジャニス・イアン) »

2008年11月 2日 (日)

Setzer, Brian, Orchestra (ブライアン・セッツァー・オーケストラ)

 映画「ラ・バンバ」エディ・コクランに扮し、「Summertime Blues」を演っていたのが、ブライアン・セッツァー。80年代前半にStray Catsを率い、ネオ・ロカビリー・ブームを盛り上げた。
 ストレイ・キャッツは英国から火が付いたので、セッツァーもイギリス人かと思っていたら、59年ニューヨークのロング・アイランド生まれだった。10代の時はヴィレッジ・ヴァンガードやヴィレッジ・ゲイトに出入りしていたらしい。
 80年代半ばにはHoneydrippersのツアーにも参加。90年代半ばに17人編成のビッグ・バンドであるブライン・セッツァー・オーケストラを結成している。こうみると一貫してオールディーズがベースにある人なのがよくわかる。

00360 Jump Jive An’ Wail (ジャンプ・ジャイヴ・アン・ウェイル) 98年23位(Airplay)
 3枚目のアルバム「The Dirty Boogie」収録(シングル・カットはされていない)。このアルバムは、やはりネオ・ロカビリーの立役者の1人Shakin’ Stevensの「This Old House」(恋のロカビリーハウス)やセルフ・カバー「Rock This Town」(ロック・タウンは恋の街)を始め、ホントにいいです。当時他にもCherry Poppin’ DaddiesとかSquirrel Nut Zippersとか、ネオ・スウィングと呼ばれるグループに人気があった。
 で、この曲はLouis Primaの56年の作品のカバー。産業ロック的なものの対極にあるのが、ロカビリーであり、スウィングなんでしょうね。

« Jigsaw (ジグソー) | トップページ | Ian, Janis (ジャニス・イアン) »

音楽 90年代 S」カテゴリの記事

コメント

1975年に最初に買った洋楽シングルです。FENのチャーリーツナで シルバーコンベンションのフライロビンフライと対にして良くかかっていたと思います。
●話は変わりますが 10月から毎月第1日曜日(=無料開放日)にCSのスペースシャワーTVで17:00からBillboard Hitというのをやっています。80&90年代のその週のHOT100の上位を可能な限り放送する番組です。今日は1991年11月2日付の14~1位を全曲フルコーラスで放送。MTVのセンスの無い化け物の出てくる順位紹介のジングルや大文字テロップ、曲をフルコーラスかけないチャート番組とは違って、TVKのBillboardTOP40と同等の品格があります。次回は12月7日です。

MAS ITOHさん、コメントありがとうございます。このコメントはジグソーの「スカイ・ハイ」へのコメントですね。
スペースシャワーTVはウチのCATVで見れるので、12月は見てみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Setzer, Brian, Orchestra (ブライアン・セッツァー・オーケストラ):

« Jigsaw (ジグソー) | トップページ | Ian, Janis (ジャニス・イアン) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック