« New Seekers, The (ニュー・シーカーズ) | トップページ | Free (フリー) »

2008年11月30日 (日)

Buckinghams, The (バッキンガムズ)

 ブラス・ロックの嚆矢と言われるのが、このバッキンガムズ。No.1ヒットもあるのに、ちっとも知られていない。ソフト・ロックに分類される音だが、ソウルフルなホーン・セクションを導入したところがミソで、そこが後にBSTシカゴのプロデューサーとなるJames William Guercioの手腕なんだろう。
 ブリティッシュ勢みたいなグループ名だが、シカゴ出身の5人組。

00447 Kind Of A Drag (カインド・オブ・ア・ドラグ) 67年1位
 マイナー・レーベルから出した曲が大ヒット。作曲者はJim Holvayという人で彼らのヒットのほとんど(449以外)を共作している。いかにも60年代後半っぽいメロディアスできれいなコーラスを聴かせるポップスで、これにホーン・セクションが絡む。

00448 Don’t You Care (ドント・ユー・ケア) 67年6位
 この曲から、レーベルはコロンビア、ガルシオのプロデュースとなる。No.1ヒットの447と同様、ホント60年代後半っぽいメロディですね。好きなタイプの曲です。

00449 Mercy, Mercy, Mercy (マーシー・マーシー・マーシー) 67年5位
 彼らを初めて知ったのは多分この曲。マイルス・デイヴィスと一緒に演っていた有名なサックス奏者Cannonball Adderley(キャノンボール・アダレイ)のインストゥルメンタル・ナンバー(ジョー・ザヴィヌル作曲)に歌詞をつけたもの。多くの人にカバーされているスタンダードだけに、バッキンガムズの中では異色。ソウル・ジャズ! これを聴くと、BSTの先駆と言われるのもわかる。

00450 Hey Baby (They’re Playing Our Song) (ヘイ・ベイビー) 67年12位
 他の曲と同傾向だけど、ちょっとメロディが落ちるかなあ。

00451 Susan (愛しのスーザン) 67年11位
 これも同傾向の曲なんだけど、最後の方で「A Day In The Life」的に曲が壊れる(は言い過ぎか?)のが、サイケ。こう見てくると、67年1年間で5曲のTop20ヒットを飛ばすというスゴい売れ方だったことがわかる。しかも、翌年以降は1曲のTop40ヒットもないという一過性ぶり。ガルシオと袂を分かったのがすべてですね。70年に解散。

« New Seekers, The (ニュー・シーカーズ) | トップページ | Free (フリー) »

音楽 60年代 Buckinghams, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Buckinghams, The (バッキンガムズ):

« New Seekers, The (ニュー・シーカーズ) | トップページ | Free (フリー) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック