« Gerry And The Pacemakers (ジェリー&ザ・ペースメーカーズ) | トップページ | Honeydrippers, The (ハニードリッパーズ) »

2008年10月20日 (月)

Them (ゼム)

 昨日に続き、ブリティッシュ・インヴェイジョン。その中でも最も黒かったのが彼ら=them。正確にはアイルランド出身だけど。私が大好きなVan Morrisonがリード・ボーカルだった。ゼムといえば、何と言っても♪G-L-O-R-I-A♪の「Gloria」だけど、何故かイギリスでもアメリカでも彼らのバージョンはヒットしていない。ところで66年のロスアンジェルスでのコンサートではドアーズが前座を務め、Van & Jim Morrisonによる「Gloria」が聴けたとか!

00316 Here Comes The Night (ヒア・カムズ・ザ・ナイト) 65年24位
 ブリティッシュ・インヴェイジョンの中で黒さを感じさせるのは、やはりヴァン・モリソンとエリック・バードン。ちょっとヘビーなサビ(イントロ)とライトなブリッジの対比が好きですね。「Twist And Shout」を共作したBert Burnsの作品。この頃のレコードではセッション・ミュージシャンとしてJimmy Pageが参加している。英国では2位。

00317 Mystic Eyes (ミスティック・アイズ) 65年33位
 こちらはヴァン・モリソンのオリジナル。ハープのイントロから始まるブルース・ナンバー。66年にヴァン・モリソンはゼムを脱退、その後ソロとして大成功するが、それはまたいつか。

 今のところ、ゼムの適当な映像が見つからないので、YouTubeはなしです。

« Gerry And The Pacemakers (ジェリー&ザ・ペースメーカーズ) | トップページ | Honeydrippers, The (ハニードリッパーズ) »

音楽 60年代 T」カテゴリの記事

コメント

YouTubeに「Gloria」の映像があったので、リンクしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Them (ゼム):

« Gerry And The Pacemakers (ジェリー&ザ・ペースメーカーズ) | トップページ | Honeydrippers, The (ハニードリッパーズ) »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック