« Crystals, The (クリスタルズ) | トップページ | Montenegro, Hugo (ウーゴ・モンテネグロ) »

2008年10月 7日 (火)

Ronettes, The (ロネッツ)

 昨日のクリスタルズに続いて、フィル・スペクターが手がけたロネッツ。ウィキがわかりやすく、彼女等のプロフィールをまとめていたので、リンクしておく。
 60年代前半のガール・グループは大好きだが、曲が粒ぞろいという点ではロネッツは1番かもしれない。ビーハイブ(ミツバチの巣)と呼ばれる髪型と異常に濃いアイラインがスゴいです。

00267 Be My Baby (あたしのベビー) 63年2位
 ロネッツと言えば「ビー・マイ・ベイビー」、「ビー・マイ・ベイビー」と言えばロネッツ。もはやスタンダード。ドラムとカスタネットも印象的。フィルとジェフ・バリー、エリー・グリニッチの作品。70年にアンディ・キムがカバー。
 この曲に感激したビーチボーイズのブライアン・ウィルソンは「Don’t Worry Baby」を彼女等のために作ったが、フィルはレコーディングしなかった。

00268 Baby, I Love You (ベビー、アイ・ラヴ・ユー) 64年24位
 「ビー・マイ・ベイビー」と同じチームによる作品。アンディ・キムがカバーしているのも同じ(ジェフ・バリーのプロデュース)。ピアノはレオン・ラッセル、バック・コーラスにダーレン・ラヴとシェール。

00269 (The Best Part Of) Breakin’ Up (ブレイキング・アップ) 64年39位
 ロネッツの曲は皆いいのに、思ったほどヒットしていない。64年にビートルズがアメリカに上陸、ブリティッシュ・インヴェイジョンが始まったことが、その原因なのだろうか?
 この曲と00270はフィルとVince Poncia,Jr.、Pete Andreoliの作品。このコンビは「ミスター・ロンリー」の作者、Trade Windsのメンバーとして知られる。

00270 Do I Love You? (恋しているかしら) 64年34位
 この曲もホントにいい曲だと思うけど、ちっともヒットしてないんだよな。何故だろう?

00271 Walking In The Rain (恋の雨音) 64年23位
 フィルとバリー・マン、シンシア・ワイルの作品。雨と雷の音が使われていて、グラミー賞のベスト・サウンド・エフェクトを獲っている。ドラマティックスの「イン・ザ・レイン」もそうだったけど、カスケーズの「悲しき雨音」とか、雨の効果音の入る曲は多いよね。70年のJay & The Americansのカバー・バージョンもヒット。
 フィルとリード・ボーカルのロニーは68年に結婚するも、74年に離婚。ロニーは86年のエディー・マネーの「Take Me Home Tonight」で歌ってます。

« Crystals, The (クリスタルズ) | トップページ | Montenegro, Hugo (ウーゴ・モンテネグロ) »

音楽 60年代 Ronettes, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ronettes, The (ロネッツ):

« Crystals, The (クリスタルズ) | トップページ | Montenegro, Hugo (ウーゴ・モンテネグロ) »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック