« Van Halen (ヴァン・ヘイレン) | トップページ | Sebastian, John (ジョン・セバスチャン) »

2008年10月24日 (金)

Black, Cilla (シラ・ブラック)

 リヴァプール出身でビートルズに次いでレコードを売ったアーティストはGerry & The Pacemakersではなく(Billy J. Kramer & The DakotasでもThe Searchersでもない)、彼女なのだそうです。ビートルズやジェリー&ザ・ペースメーカーズと同様、マネジャーはブライアン・エプスタイン、プロデューサーはジョージ・マーティン。アメリカではあまり売れませんでしたが、英国では11曲のベスト10ヒットを持ち、64年にNo.1になった「Anyone Who Had A Heart」(バカラックの曲)は女性シンガーの曲としては英国で最も売れたとか。ジェリー&ザ・ペースメーカーズの映画「Ferry Cross The Mersey」にも出演。60年代末以降はTVスターとして活躍しているようです。
 43年生まれ、本名はPriscilla White! ビートルズが出演していたキャバンクラブでクローク係をしていました。ところで、私が彼女を知ったのは、ビデオでマーク・ボランと彼女が「Life’s A Gas」という曲をデュエットしているのを観たからです。何か不思議な取り合わせですね。

00337 You’re My World (ユア・マイ・ワールド) 64年26位
 米国で唯一のTop40ヒット。私はヘレン・レディのカバー・バージョンで知りました。オリジナルはイタリアの曲だそうですが、いいポップ・ソングです。ストリングスの入れ方が好き。60年代のイギリスの女性シンガーと言えば、Dusty SpringfieldPetura Clark、Lulu等、いい曲を歌っている人が沢山いますね。

« Van Halen (ヴァン・ヘイレン) | トップページ | Sebastian, John (ジョン・セバスチャン) »

音楽 60年代 B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Black, Cilla (シラ・ブラック):

» Cilla Black 九月の雨 [湘南のJOHN LENNON  Those were the days]
Cilla Black 九月の雨  久しぶりにシラ・ブラックの記事を書きたくなってしまった。現在、イギリスの芸能界の大御所とも言えるシラ・ブラックさん。男性の大御所がポール・マッカートニーだとすると、女性は国民的な人気女性歌手であるシラ・ブラックさんに違いない。  そんなことを思いながら YouTube を流していたら、シラ・ブラックさんの昔のビデオを発見。この映像はビートルズと一緒に出演した1965年9月12日... [続きを読む]

« Van Halen (ヴァン・ヘイレン) | トップページ | Sebastian, John (ジョン・セバスチャン) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック