« Paper Lace (ペーパー・レース) | トップページ | Floaters, The (フローターズ) »

2008年9月 3日 (水)

Rose Royce (ローズ・ロイス)

 モータウンの大プロデューサーNorman Whitfield(ノーマン・ホイットフィールド)が手がけたソウル・ファンク・グループ。ロサンゼルスで結成された、紅一点のリード・ボーカルRose Norwalt(Gwen Dickey)を含む9人組。エドウィン・スターのバック・バンドとしてスタート、その後アンディスピューティッド・トゥルースやテンプテーションズのバックも務め、「カー・ウォッシュ」でブレイク。

00171 Car Wash (カー・ウォッシュ) 76年1位
 ノーマンが映画「カー・ウォッシュ」のサントラに彼らを起用、タイトル曲がNo.1となる。ハンドクラッピングで始まる軽快なナンバー。とんがったところはないけど、当時の売れ線って感じだな。以下、作曲、プロデュースとも、全てノーマンによる。

00172 I Wanna Get Next To You (青春の孤独) 77年10位
 1stアルバムであるサントラからの2曲目。彼らのグレーテスト・ヒッツはA面がDancing Side、B面がRomancing Sideとなっている(私が持っているのはCDだが)が、「カー・ウォッシュ」はDancing Sideで、これはRomancing Side。

00173 Do Your Dance – Part 1 (恋のステップ) 77年39位
 これはDancing Side。同じ頃に出てきた人気グループのシックとも通じる、売れ線のディスコ・チューン。

00174 Love Don’t Live Here Anymore (愛は色あせて) 79年32位
 Romancing Side。マドンナを始め、多くのアーティストによってカバーされてきた名曲。マイ・フェイバリット。シンセ・ドラムが懐かしい。チャートには入ってこなかったが、同じくカバーが多い名曲に「Wishing On A Star」(77年)もある。

« Paper Lace (ペーパー・レース) | トップページ | Floaters, The (フローターズ) »

音楽 70年代 R」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rose Royce (ローズ・ロイス):

« Paper Lace (ペーパー・レース) | トップページ | Floaters, The (フローターズ) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック