« Guns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ) | トップページ | Paper Lace (ペーパー・レース) »

2008年9月 1日 (月)

Lowe, Nick (ニック・ロウ)

 49年英国生まれ。先日紹介したイアン・ゴムと一緒にパブ・ロック・バンドBrinsley Schwarzで活動、Dave Edmunds(デイヴ・エドモンズ)と組んだRockpileを経てソロに。英国初のパンクのアルバム(The Damned)、初期の一連のElvis Costello(エルヴィス・コステロ)のアルバム(最高!)、プリテンダーズのデビュー・シングル「Stop Your Sobbing」等のプロデューサーとしても有名。コステロが歌った「Peace, Love and Understanding」(Brinsley Schwarz時代の作品)が、最も売れたサントラ「ボディガード」(Whitney Houston)でCurtis Stigersにカバーされて、印税が沢山入ったとか。それから、日本だけでヒットしたThe Tartan Horde(タータン・ホード)の「Bay City Rollers We Love You」(憧れのベイ・シティ・ローラーズ)も彼の作品。

00169 Cruel To Be Kind (恋するふたり) 79年12位
 これもBrinsley Schwarz時代のイアン・ゴムとの共作。イアン・ゴムの「Hold On」にも通じる、ポップなニューウェイブの決定版。コーラスが素敵です。

« Guns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ) | トップページ | Paper Lace (ペーパー・レース) »

音楽 70年代 L」カテゴリの記事

コメント

この曲、三遊亭円丈が恋のホワンホワンというタイトルでカバーしているので吃驚した。https://www.youtube.com/watch?v=ozk8lpJXnyw

円丈師匠、数年前に寄席で見たな。「恋のホワンホワン」というタイトルはかろうじて頭の片隅にあったのだけれど、パンダの歌かなと思ってた。まさか名曲「Cruel To Be Kind」のカヴァーとは! なぜ三遊亭円丈がニック・ロウなのかもわからなければ、なぜタイトルが恋のホワンホワンなのかもわからないし。あの抑揚のない歌声とともに混乱をきたしています。兎にも角にも貴重な情報をありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lowe, Nick (ニック・ロウ):

« Guns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ) | トップページ | Paper Lace (ペーパー・レース) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック