« Swing Out Sister (スウィング・アウト・シスター) | トップページ | Acklin, Barbara (バーバラ・アクリン) »

2008年8月13日 (水)

Young-Holt Unlimited (ヤング・ホルト・アンリミテッド)

 Ramsey Lewis Trio(ラムゼイ・ルイス・トリオ)から、ベーシストEldee YoungとドラマーIsaac “Red” Holtが独立し、ピアニストDon Walkerを加えてできたのが、The Young Holt Trio。そこからWalkerが抜け、代わりにKen Chaneyが入ってYoung-Holt Unlimitedとなった。
 「Soulful Strut」の後はヒットが続かず、2人は80年代には再びラムゼイ・ルイスのグループに戻っている。

00109 Wack Wack (ワック・ワック) 66年40位
 この曲はThe Young Holt Trio名義。3人の作曲によるインストルメンタル(ワック、ワックという掛け声は入るが)。私は本当に音楽は何でも聴く人間なのだが、ジャズだけは全く暗いため、何も語れない。このアーティストが好きなのも、あくまでも60年代のこの手のソウルのインストが好きというところから。

00110 Soulful Strut (ソウルフル・ストラット) 68年3位
 で、昨日のスウィング・アウト・シスターで予告した超名曲。軽やかなホーンと美しいピアノのメロディが素晴らしいです。
 これに歌詞をつけたのが、バーバラ・アクリンの「Am I The Same Girl」と昨日書いたのだけれど、逆にバーバラの歌のところをピアノに置き換えたのかもしれない(ヒットはこっちの方が先だが)。
 曲を作ったのはシャイ・ライツのEugene Record(ユージン・レコード)とアレンジャーSonny Sanders。ユージン・レコードの奥さんがバーバラで、みんなBrunswick(レコード会社)つながり。

« Swing Out Sister (スウィング・アウト・シスター) | トップページ | Acklin, Barbara (バーバラ・アクリン) »

音楽 60年代 Y」カテゴリの記事

コメント

 SAKURAM様
 私もこの曲は大好きでヒットした当時は買えなくて、苦労してやっと3,4年前に「THE DEFINITIVE」というCDを手に入れました。昔、そう70年代の初めですか番組名は忘れましたがNHKの番組で、高橋基子さんがジョッキーをしていた番組でテーマ・ソングとしてよくかかっていました。

COUNTRY BOYさん、この曲はホントに名曲だと思います。
ヒュー・マセケラの「Grazing In The Grass」とかクリフ・ノーブルズの「The Horse」とか、60年代後半のソウル・インストはいい曲が沢山ありますね。
インストではないですが、アーチー・ベルの「Tighten Up」も好きです。

SAKURAM様
タイトン・アップ(アーチー・ベル&ザ・ドレルズ)は私も好きな曲です。やはりビルボードで1位になるだけの事はあります。アーチー・ベルはこの時ベトナムで負傷していたらしいですね。68年といえば高校2年でした。

「Tighten Up」がNo.1になった時、Archie Bellはベトナム戦争で負傷し、西ドイツで入院中だったそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Young-Holt Unlimited (ヤング・ホルト・アンリミテッド):

« Swing Out Sister (スウィング・アウト・シスター) | トップページ | Acklin, Barbara (バーバラ・アクリン) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック