« Smith (スミス) | トップページ | Sweet (スウィート) »

2008年8月 3日 (日)

Wild Cherry (ワイルド・チェリー)

 みんなが、黒人が演っていると思った白人のファンク・バンド。「Play that funky music, white boy!」。典型的一発屋って感じだけど(Hot100では他に3曲ヒットあり)、この1曲はずっとかかり続けるでしょうね。
 74年にRob Parissi(ロブ・パリッシ)がオハイオで結成した5人組。アヴェレージ・ホワイト・バンドには黒人が1人いたけど(白人ドラマーが事故死したために加入)、こちらは全員白人。

00057 Play That Funky Music (プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック) 76年1位
 パリッシのオリジナル。パリッシが黒人っぽく、下品に?歌っているのがいい。オハイオ・プレイヤーズとかが近いかな。
 当初はコモドアーズ「I Feel Sanctified」のカバーをA面にするつもりだったそうだが、こちらをA面に変えて大成功。200万枚以上を売る。R&Bチャートでも1位になった。チェリーを含んだ女性の口のアップのジャケのLPも売れに売れた(私も確か買った)。
 90年にラッパーのバニラ・アイスが同名曲でサンプリング。パリッシのクレジットがなかったため、訴訟沙汰になったが、勝訴した。そりゃあ、クレジットなかったら、怒るよ。
 以下、本当にどうでもいい話。なぜかこの曲はチャートでは最初のうち「Play The Funky Music」と表記されていた。

<

« Smith (スミス) | トップページ | Sweet (スウィート) »

音楽 70年代 W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wild Cherry (ワイルド・チェリー):

« Smith (スミス) | トップページ | Sweet (スウィート) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック