« Blue Swede (ブルー・スウェード) | トップページ | Zager & Evans (ゼーガーとエバンズ) »

2008年8月29日 (金)

Sugarhill Gang , The (シュガーヒル・ギャング)

 90年代以降、アメリカのヒット・チャートに占めるラップの比率は高まる一方だ。ラップの音楽シーンに与えた影響は絶大なものがあるわけだが、初めてラップのTop40ヒットを放ったことで有名なのが、シュガーヒル・ギャングである。
 メンバーはニューヨーク出身のMaster Gee、Wonder Mike、Big Bank Hankの3人。

080826_150322_m_3

00159 Rapper’s Delight (ラッパーズ・ディライト) 80年36位
 世界で800万枚以上売ったという、ラップで初めて商業的成功を収めた曲。リズム・トラックはシックのNo.1ヒット「Good Times」だが、サンプリングではなく、実際にバンドが演奏している。物珍しさもあってシングルを買ったのだけれど、紙のジャケットの裏一杯、ものすごく小さなサイズの字の歌詞で埋め尽くされているのには笑った。
 プロデューサーはシュガーヒル・レーベルのオーナーでもあるシルヴィア・ロビンソン(「ピロー・トーク」の)。

« Blue Swede (ブルー・スウェード) | トップページ | Zager & Evans (ゼーガーとエバンズ) »

音楽 80年代 S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sugarhill Gang , The (シュガーヒル・ギャング):

« Blue Swede (ブルー・スウェード) | トップページ | Zager & Evans (ゼーガーとエバンズ) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック