« Brown, Chuck, & The Soul Searchers (チャック・ブラウン&ザ・ソウル・サーチャーズ) | トップページ | Wild Cherry (ワイルド・チェリー) »

2008年8月 2日 (土)

Smith (スミス)

 最初に断っておくが、モリッシー、ジョニー・マーのスミスじゃないよ。あっちはThe Smiths。こっちはSmith。
 69年にロスアンジェルスで結成されたポップ・ロックバンド。私にとって憧れの60年代後半のサブカルチャーにアメリカン・ニューシネマがあるが、その代表作の「イージー・ライダー」。ステッペン・ウルフの「ワイルドで行こう」を始め、ロックがガンガンかかるわけだが、その中でThe Band(ザ・バンド)の名曲「The Weight」を演ってる。ザ・バンドの許可が下りなかったのだろうか?

00056 Baby It’s You (ベビー・イッツ・ユー) 69年5位
 スミス、唯一のトップ40ヒットはガール・グループThe Shirelles(シュレルズ)のカバー。ハモンド・オルガンをバックに、紅一点のボーカルGayle McCormickがリードを取っている。結構迫力あっていいよ。
 スミスはルー・アドラーが作ったダンヒルレコードだけど、他にもママス&ザ・パパス、グラス・ルーツ、スリー・ドッグ・ナイトなど、私の好きなグループがたくさんいて、これからだんだん紹介していきますね。

« Brown, Chuck, & The Soul Searchers (チャック・ブラウン&ザ・ソウル・サーチャーズ) | トップページ | Wild Cherry (ワイルド・チェリー) »

音楽 60年代 S」カテゴリの記事

コメント

追加のコメント。Baby It's Youはバート・バカラックの作品でしたね。それからビートルズが1stアルバムでカバーしてます。

今後The Bandを取り上げるんで、1つ訂正。
映画「イージー・ライダー」の中ではThe Bandのヴァージョンがかかるが、サントラにはSmithのヴァージョンが入っている、というのが正確でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Smith (スミス):

« Brown, Chuck, & The Soul Searchers (チャック・ブラウン&ザ・ソウル・サーチャーズ) | トップページ | Wild Cherry (ワイルド・チェリー) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック