« Zager & Evans (ゼーガーとエバンズ) | トップページ | Lowe, Nick (ニック・ロウ) »

2008年8月31日 (日)

Guns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ)

 酒、ドラッグ、セックス、暴力…、最後のロック・バンドという感じがする。現在も現役ではあるが、91年以降オリジナル・アルバムは出ていない。既に17年が経っている。ファンにとっては、昨年の来日公演とか、現在進行形で盛り上がっているんだろうが。
 HR/HMについてはちっとも詳しくないが、その中では1番好きなバンドだった。多分パンクにも影響を受けたソリッドさがいいんだと思う。逆に装飾過多なのはダメなんで。
 85年ロサンゼルスで結成、メジャー・デビュー時のメンバーはAxl Rose(アクセル・ローズ:ボーカル)、Izzy Stradlin(ギター)、Slash(ギター)、Duff McKagan(ベース)、Steven Adler(ドラムス)。

00161 Sweet Child O’ Mine (スウィート・チャイルド・オブ・マイン) 88年1位
 1stアルバム「Appetite For Destruction」より。デビュー盤としては、Bostonに次いで史上2番目に売れた大ヒット・アルバム。シングルもいきなりNo.1。ヒットしてた当時はあまりピンと来てなかったんだけど、後になって聴くと曲の構成がすごくよくできてるんだよね(どの曲も)。とりあえず、ギターのイントロが印象的。

00162 Welcome To The Jungle (ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル) 88年7位
 1stアルバムのオープニング・ナンバー。多分この曲が気に入ってアルバムを買ったんだと思う。ナナナナナナナナ…ニーニーという掛け声と、最後ハッで終わるのが大好き。

00163 Paradise City (パラダイス・シティ) 89年5位
 再び1stアルバムから。マイ・フェイヴァリット。バラードっぽく始まるイントロ、ホイッスルの音でパワーアップし、Cメロ「So Far Away〜」の盛り上がり、再び曲調の変わるエンディングまで、非のつけどころがない曲だと思う。

00164 Patience (ペイシェンス) 89年4位
 1stアルバムがめちゃめちゃ売れて、つなぎとして出されたのが、インディーズ時代のライブEP+アコースティック・ナンバー4曲入りの「GN’R Lies」。そこからのカットがこの曲。口笛で始まるフォーク・メタル? だいたいHR/HMグループのバラードってのは、ただ甘ったるいだけで聴けたもんじゃないのも多いけど、彼らの場合はルーツが多様というか、引き出しが多いのか、この手をやってもいいなあ。

00165 You Could Be Mine (ユー・クッド・ビー・マイン) 91年29位
 待ちに待った彼らのニュー・アルバムは2枚同時リリースの「Use Your Illusion」のⅠとⅡだった。デビューと同時に1位と2位を独占。実にバリエーションに富んだ合計30曲。
 そこからの1曲目。この曲はイントロのかっこよさに尽きるかな。逆に言うと、その後の展開がイントロの期待を超えていないというか。映画「ターミネータ−2」(大好きでした)で使われた。

00166 Live And Let Die (リヴ・アンド・レット・ダイ) 92年33位
 ポール・マッカートニー作曲の映画「007死ぬのは奴らだ」のテーマ曲のカバー。これは元の曲がカッコいいからな。彼らはボブ・ディランの「Knockin’ On Heaven’s Door」もカバーしている。

00167 November Rain (ノーヴェンバー・レイン) 92年3位
 前の2曲が今ひとつの成績に終わり、次は一転してスローなナンバー。アルバムでは9分近い長尺。後半は盛り上がる。「Use Your Illusion」は嫌いなアルバムではないのだが、1stに比べると曲に展開の面白さがないというか、単調な感じがした。逆に曲のバリエーションは広いのだが。

00168 Don’t Cry (ドント・クライ) 92年10位
 アクセル以外のメンバーはすべて変わったが、今でも現役。しかし、10数年間オリジナル・アルバムは出ないままである(「Chinese Democracy」というアルバムが出るとアナウンスされてから、何年も経つ)。
 と言うことで、現在のところ、このスロー・ナンバーが最後のTop40ヒット。ところで、次に出たカバー・アルバム「The Spaghetti Incident?」の「Since I Don’t Have You」(ドゥーワップ・グループSkylinersの59年のヒット曲)は超名曲。

« Zager & Evans (ゼーガーとエバンズ) | トップページ | Lowe, Nick (ニック・ロウ) »

音楽 80年代 Guns N' Roses」カテゴリの記事

コメント

確かな技術を持ち完成度も高いし、決して嫌いというわけではないのだけど、どうしてもAxl Roseの声についていけなかった(などというとGunsフリークには石でも投げられそうだけど)。
究極のへヴィメタバンドという感じではあるけれど「何でいまどき?10年か15年ぐらい前に出てきてたらハマったのにな~」と思って聞いていた気がします。
当時はWhitesnakeなんかの方が気に入っていた。今思うと、あの時代にヘヴィメタが生き残る形として、むしろWhitesnakeの戦略の方を潔しと受け取っていたのかもしれません。

とりあえずゼロ年代と90年代の記事はすべて拝読致しまして、やっと80年代に突入!

HM/HR系バンドが守備範囲外の私でもガンズは隠れファンです。
初めて聴いた時はポジティブ・パンクみたいって思った記憶があります。

”Sweet Child O’ Mine”が一番好きです。
イントロのギター、刺さりまくりで。

♪じゃんごぅ~(ウェルカム・トゥー・ザ・ジャングル)は、2005年に千葉ロッテマリーンズが日本一になった時の、チアガールがダンスする時のテーマソングでしたが、プレステ2の「グランドセフトオート・サンドレアス」というアメリカの18禁の犯罪ゲームのテーマソングにめ使われていましたね!PTAに何回も問題にされたアナーキーなゲームと曲がよく合っていました。ちなみに86年のマイアミを舞台にした、グランドセフトオート・バイスシティというゲームのテーマソングは、オーストラリアの一発屋バンド、ア・フロック・オブ・シーガルスの「アイ・ラン」でした(泣)。ゲームの中の車でかけられるラジオで、ラヴァーボーイやジューダス・プリースト、クワイエット・ライオットを知るきっかけをくれたゲームです。

私はゲームのことは全く詳しくないのですが、「ウェルカム・トゥー・ザ・ジャングル」はゲームに使われているんですね。
フロック・オブ・シーガルズなんて、またマイナーな。
調べてみたら、オーストラリアのバンドではなく(私もそー思ってましたが)、リバプール出身みたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Guns N’ Roses (ガンズ・アンド・ローゼズ):

« Zager & Evans (ゼーガーとエバンズ) | トップページ | Lowe, Nick (ニック・ロウ) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック