« Slave (スレイヴ) | トップページ | Haircut One Hundred (ヘアカット100) »

2008年7月29日 (火)

Peter, Paul & Mary (ピーター・ポール&マリー)

 60年代最も有名だったフォーク・グループ。61年にニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジで結成される。メンバーはPeter Yarrow(ピーター・ヤーロウ)、Paul Stookey(ポール・ストゥーキー)、Mary Travers(メアリー・トラヴァース)。通称PPM(PP&M)。
 私は小学生の時、日本のフォークソングが大好きで、初めて買ったLPも「六文銭メモリアル」というレコードだった。六文銭のリーダーの小室等は以前にPPMフォロワーズというグループをやっていたのだけれど、子供の頃に彼らの音楽を聴いていたことが、自然とPPMの音楽への親近感につながっているのだと思う。PPMの曲を聴くと、心の奥底から懐かしさを感じるのだ。

00041 Lemon Tree (レモン・トゥリー) 62年35位
 デビューヒット。原曲はブラジルの民謡。小室等はこの曲を聴いたことがPPMにハマるきっかけだったらしい。
 1stアルバム「Peter, Paul & Mary」は7週No.1になり、3年以上アルバムチャートにとどまり、200万枚以上を売る大ヒットアルバムになった。

00042 If I Had A Hammer (The Hammer Song) (天使のハンマー/ハンマーを持ったら) 62年10位
 同じく1stアルバムより。Pete Seeger(ピート・シーガー)とLee Haysの曲。ピート・シーガーは「勝利を我らに」「花はどこへ行った」等のプロテスト・ソングをたくさん作った人で、この曲もそう。PPMと言えば、常に公民権運動やベトナム反戦とともにあったグループで、この曲も63年のワシントン大行進で歌われた。
 ところで、この曲の邦題は「天使のハンマー」(漣健児の訳詞)と記憶していたのだが、「ハンマーを持ったら」という邦題もあったようだ。

00043 Puff (The Magic Dragon) (パフ) 63年2位
 パフという名前の魔法の竜と男の子は一緒に遊んでいたのに、男の子は成長しパフの元を離れていくという、ちょっと悲しい、素敵な歌。「おかあさんといっしょ」とかでも取り上げられていたと思う。PPMでは初めて知った曲。
 ピーター・ヤーロウが学生時代に作曲。ドラッグの歌という噂もあったらしいが、そんなことはないでしょう。

00044 Blowin’ In The Wind (風に吹かれて) 63年2位
 ボブ・ディランが作ったあまりにも有名な曲(2ndアルバム「フリーホィーリン」の1曲目)。PPMがカバーして大ヒットしたことで、世界中に知られることになる。PPMのマネージャーのAlbert Grossman(アルバート・グロスマン)は、ボブ・ディランのマネージャーとしても有名。
 その後、ディランのバージョンを聴いた後では、どうしても人畜無害感はしてしまうけど。

00045 Don’t Think Twice, It’s All Right (くよくよするなよ) 63年9位
 これもディランのカバーで、「フリーホィーリン」より。50年代後半にエルヴィスを筆頭にロックンロールが誕生、隆盛を極め、64年にビートルズがアメリカに上陸するのだけれど、60年代前半はロックはむしろ下火になっていた時期で、フォークが最先端を行っていた時代だった。だから、ディランはフォークをやったんだね。

00046 Stewball (スチューボール) 63年35位
 19世紀のトラディショナルをベースとした曲。

00047 Tell It On The Mountain (山の上に告げよ) 64年33位
 聖書のモーゼについて歌われている。ここまでの4曲は3rdアルバム「In The Wind」より。このアルバムもNo.1になった。

00048 For Lovin’ Me (フォー・ラヴィン・ミー) 65年30位
 ゴードン・ライトフット作。5枚目のアルバム「A Song Will Rise」より。

00049 I Dig Rock And Roll Music (ロック天国) 67年9位
 ビートルズ以降のロックの時代に生き残った唯一のフォーク・グループがPPMだったのかもしれない。これはPPMのロック讃歌? 8作目のアルバム「Album 1700」より。
 最初に書いた「六文銭メモリアル」でこの曲をカバーしていて知った曲。

00050 Too Much Of Nothing (素敵なロックン・ロール) 67年35位
 9作目「Late Again」より。これもディランの曲。

00051 Day Is Done (デイ・イズ・ダーン) 69年21位
 10作目「Peter,Paul & Mommy」(チルドレン・ソング集)に収録されていた曲。

00052 Leaving On A Jet Plane (悲しみのジェット・プレーン) 69年1位
 その時の気分にもよるのだけれど、もしかするとあらゆる曲の中で私が一番好きな曲かもしれない。恋人に別れを告げて旅立つ歌。私は英語はあまりできないのだけれど、この曲はわかりやすくて、ジーンとくる。時代的に、もしかするとベトナム戦争へ行く兵士の歌なんだろうか?
 若きジョン・デンヴァー作。2年前のアルバム「Album 1700」に収録されていたが、DJがよくかけるようになり、シングルカットされ、PPM唯一のNo.1ヒットとなった。71年にPPMは解散するが、78年に再結成、現在まで活動を続けている。

« Slave (スレイヴ) | トップページ | Haircut One Hundred (ヘアカット100) »

音楽 60年代 Peter, Paul & Mary」カテゴリの記事

コメント

 「虹と共に消えた恋」がないではありませんか。

country boyさん、お答えします。
このブログはアメリカのビルボード誌で40位に入った曲を取り上げているのですが、「虹と共に消えた恋」(Gone The Rainbow)はアメリカでは「天使のハンマー」のB面だったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Peter, Paul & Mary (ピーター・ポール&マリー):

« Slave (スレイヴ) | トップページ | Haircut One Hundred (ヘアカット100) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック