« Association, The (アソシエイション) | トップページ | Soft Cell (ソフト・セル) »

2008年7月16日 (水)

Dr. Buzzard’s Original Savannah Band (ドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァンナ・バンド)

 バブルの頃にニューヨークに遊びに行ったとき、Kid Creole & The Coconuts(キッド・クレオール&ザ・ココナッツ)のライブを観ることができた。R&B、ラテン、ロックをミックスした独特のスタイルで、80年代に人気を博したグループで、私も大好きだった。何故か、アメリカではヒットに恵まれなかったが。
 と言っても、ピンと来ない人はニッカのCMに出てた人たちというと思い出すと思う。優男のボーカル、それに絡む変なオジサン、コーラスのお姉さん、ホーンセクションといった編成は、米米CLUBが真似ている(93年には米米の曲のカバー集という企画盤も出た)。

 で、キッド・クレオールことAugust Darnell(オーガスト・ダーネル)と変なオジサンCoati Mundi(コーティ・ムンディ)が結成前に在籍していたのが、このグループ。ニューヨーク・ブルックリンで結成されたビッグバンド風?ディスコバンド。これも音を聴いてもらわないとイメージが湧かないと思うが。

00013 Whispering/Cherchez La Femme/Se Si Bon 76年27位
 ニューヨークのライブの途中で、ドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァンナ・バンドの女性リードボーカルCory Daye(コリー・デイ)が出てきて、この曲をやってくれたときは感激した。
 Whisperingは1920年Paul WhitemanのNo.1ヒット、Se Si Bon(C’est Si Bon)は53年Eartha Kit(アーサー・キット:日本ではショージョージが有名)のベスト10ヒット(原曲は47年のシャンソン)。30年代風の音がサイコー、隠れた名曲です。

« Association, The (アソシエイション) | トップページ | Soft Cell (ソフト・セル) »

音楽 70年代 D」カテゴリの記事

コメント

■Whispering/Cherchez La Femme/Se Si Bon
>隠れた名曲です。
逃げも隠れもしない名曲でしょ。
アレンジも演奏も、ツボを心得たプロ、っていう感じ。
今でも結構 TV 番組の BGM なんかで耳にすることがあるような。
アルバムに収録された「Sunshower」もイイ曲でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Association, The (アソシエイション) | トップページ | Soft Cell (ソフト・セル) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック