« Sly & The Family Stone (スライ&ザ・ファミリー・ストーン) | トップページ | Soul Ⅱ Soul (ソウルⅡソウル) »

2008年7月24日 (木)

Big Country (ビッグ・カントリー)

 スコットランド出身の4人組のポップ・ロックバンド。当時同じスコットランド出身のシンプル・マインズとか、アイルランド出身のU2とかと並び称せられていた。寒いところから来た感じがするのが共通点?(私の個人的イメージだが) そう言えば、プロデューサーはみなSteve Lillywhite(スティーヴ・リリーホワイト)だね。
 何と言ってもバグパイプ風ギターがカッコいい。1度聴けば忘れないオリジナリティがある。

00034 In A Big Country (インナ・ビッグ・カントリー) 83年17位
 アメリカでは唯一のTop40ヒット。バグパイプ風ギター全開のむちゃむちゃカッコいい曲。見てくれはダサイが。
この曲が入っている1stアルバム「The Crossing」(青いジャケ)はよく聴いた。イギリスでは他にも「Fields Of Fire」「Chance」がヒットした。次のアルバムがNo.1になるなど、イギリスでは80年代を通じて人気のあるグループだった。

« Sly & The Family Stone (スライ&ザ・ファミリー・ストーン) | トップページ | Soul Ⅱ Soul (ソウルⅡソウル) »

音楽 80年代 B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Big Country (ビッグ・カントリー):

« Sly & The Family Stone (スライ&ザ・ファミリー・ストーン) | トップページ | Soul Ⅱ Soul (ソウルⅡソウル) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック