« Average White Band, The (アヴェレイジ・ホワイト・バンド) | トップページ | Dr. Buzzard’s Original Savannah Band (ドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァンナ・バンド) »

2008年7月15日 (火)

Association, The (アソシエイション)

 60年代ソフト・ロックの代表的グループ。と言っても、ソフト・ロックとは何かという定義が曖昧なのだけれど。美しいコーラスワークが売りの6人組(7人の時もあり)。
 私がアソシエイションを知ったのは、多分映画「Goodbye Columbus」(さよならコロンバス)のテーマ曲だったと思う。彼らからは、60年代の青春というイメージがする。私が実際に愛聴していたのは、70年代の後半だが。
 アソシエイションのプロファイルについては、日本のウィキペディアがひどく詳しいので、そちらを参照してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アソシエイション

00006 Along Comes Mary (アロング・カムズ・マリー) 66年7位
 アソシエイション、初のヒット曲。彼らは、私のロックの原点とも言える「モンタレー・ポップ・フェスティバル」のオープニング・アクトを務めたが、この曲を演っている姿をアウトテイク集で見ることができる(彼らが動く姿はこれで初めて見た。今ではYouTubeでいろいろ見られるけれど)。
 アップテンポなポップソングだが、マリファナについて歌っているという噂も流れたらしい。

00007 Cherish (チェリッシュ) 66年1位
 アソシエイション、初のNo.1ヒット。本当に美しいハーモニーが聞ける。曲を書いたのはメンバーのTerry Kirkman(テリー・カークマン)。シングルカットの予定はなかったが、オハイオのDJが気に入ったことがシングル発売の引き金になったそうだ。これをシングルにしないというのはありえないでしょう。
 「てんとう虫のサンバ」で知られるチェリッシュのグループ名は、この曲からとられている。

00008 Pandora’s Golden Heebie Jeebies (パンドラズ・ゴールデン・ヒービー・ジービーズ) 66年35位
 サイケデリックでスピリチュアルって感じの曲、タイトルからして。正直、シングルにするほどの曲とは思えないが。

00009 Windy (ウィンディ) 67年1位
 アソシエイション、最大のヒット曲。この曲から、後に5th Dimension(フィフス・ディメンション)等も手がけるBones Howe(ボーンズ・ハウ)がプロデュースしている。
 女性シンガーソングライターRuthann Friedman(ルーサン・フリードマン)の曲。最初は3拍子のワルツだったらしい。ちょっと想像できないが。ちなみに、Windyは女性の名前(これは全米トップ40の特集「タイトルが女性名の曲トップ40」で知った)。

00010 Never My Love (かなわぬ恋) 67年2位
 不滅の名曲。アソシエイションはこの曲で決まり。ドンとディックのAddrisi Brothers(アドリッシ・ブラザーズ)の作品。5th DimensionやBlue Swede(ブルー・スウェード)のカバーもヒットした。
 ところで、邦題は歌詞を見ると、明らかに誤訳だと思う。

00011 Everything That Touches You (恋にタッチは御用心) 68年10位
 4枚目のアルバム「Birthday」より。このアルバムが「レコードコレクターズ」の60年代ベスト100に選ばれていたのには驚いた。私は3枚目の「Insight Out」(ウィンディ、ネヴァー・マイ・ラヴを収録)とこのアルバムは本当によく聴いたのだが(友人がパイド・パイパー・ハウスで買ってきたのを)、世の中の評価も高かったんだ。
 後半のコーラスは圧巻。

00012 Time For Livin’ (タイム・フォー・リヴィン) 68年39位
 ネヴァー・マイ・ラヴと同様、アドリッシ・ブラザーズの作品。「Birthday」より。メンバーのJames Yester(ジェイムズ・イエスター)曰く、コーラスがフェイドアウトしながら、リピートごとに半音ずつ下がっていくというヴォーカル・アレンジも絶妙!

« Average White Band, The (アヴェレイジ・ホワイト・バンド) | トップページ | Dr. Buzzard’s Original Savannah Band (ドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァンナ・バンド) »

音楽 60年代 Association, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Association, The (アソシエイション):

« Average White Band, The (アヴェレイジ・ホワイト・バンド) | トップページ | Dr. Buzzard’s Original Savannah Band (ドクター・バザーズ・オリジナル・サヴァンナ・バンド) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック